国産初!スケルトンボディー

本日はこちら。

画像


Bandai Dapper
Hino Skeleton RS
Made in Japan

日野のスケルトンRSの紹介です。
調べたところによりますと、1977年にデビューしたこのバスは、当時の日本のバス業界での革命児だったみたいです。

・・・屋根のひび割れが心配・・・

画像


ダッパーと言えばスーパーカーのイメージが強いですが、このミニカーを入手して、ダッパーにバスシリーズがあることを知りました(汗)
今回のはとバス以外に、国鉄バスと空港リムジンバスもありましたが、それぞれ車体は異なっていました。

画像


このキャストも他のダッパー達と同様にプルバックモーターで走ることが・・・あ、あれ?

幸いにもシャシーはねじ止めなので、分解して再び組み立てることに・・・

どうやらこの個体がハズレだったようで、モーターは大丈夫(←元気ではない)ですが、タイヤがボディと干渉して走りませんでした(泣)

画像


初代スケルトンの実車はこれのようですが、なんか違うような気がします。

画像


ナンバーは「・810」となっています。

画像


意外とカッコいい「DAPPER」の文字(笑)

No.203となっているのがちょっと気になるところです。

この記事へのコメント

RS120Pですね
2014年10月26日 17:01
高知県交通に2台入りました
同型車は 10台前後だったとおもいます
後に発売の量産型RSにくらべ 丸みを帯びたボディーは 画期的でしたが
高価だったので
地元ではモノコックボディーのRVばかり入ってました
この高知県交通のRSは後に松山行き夜行バスで使用されていたころ
バス目当てで2回乗りに行きました


高知県交通/土佐電気鉄道には 後に バケルトンと呼ばれた
モノコックボディーの車体をスケルトンボディー風に改造した車種が登場しましたが
なんだか重たそうな車体に見えました

その 高知県交通と土佐電気鉄道と土佐電ドリームサービスは
経営統合して
この10/1に とさでん交通になりました

路線再編で旧型の箱型バス(高ナンバー車)の廃車が進みそうです…
RS120Pですね
2014年10月26日 17:01
高知県交通に2台入りました
同型車は 10台前後だったとおもいます
後に発売の量産型RSにくらべ 丸みを帯びたボディーは 画期的でしたが
高価だったので
地元ではモノコックボディーのRVばかり入ってました
この高知県交通のRSは後に松山行き夜行バスで使用されていたころ
バス目当てで2回乗りに行きました


高知県交通/土佐電気鉄道には 後に バケルトンと呼ばれた
モノコックボディーの車体をスケルトンボディー風に改造した車種が登場しましたが
なんだか重たそうな車体に見えました

その 高知県交通と土佐電気鉄道と土佐電ドリームサービスは
経営統合して
この10/1に とさでん交通になりました

路線再編で旧型の箱型バス(高ナンバー車)の廃車が進みそうです…
2014年10月26日 19:36
コメントありがとうございます。

貴重なお話、ありがとうございます!

高知県交通に2台納車されたのは、以前バスマガジンか何かで見たような気がしますが、全然覚えてませんでした・・・(汗)

バケルトン、ウィキペディアに項目がありました。
ちょっと違和感がありますね~

高知県交通と言えば、バスが結構燃えていた印象があります(爆)

この記事へのトラックバック